前へ
次へ

自治体が行っている結婚相談に要注意

自治体の中には、人口減少による歯止めを求める目的として、自治体自ら結婚相談を行っている場所があります。
田舎の自治体の中には、農作業などを行っている、出会いの無い男性へ紹介する目的として結婚相談を行っている場合もあるのです。
その地域には女性がいないため、都会から女性を集めている場合もあります。
この様な結婚相談所は、女性の方が多く、男性の方が少なく、女性が選ぶのでは無く、男性が選ぶ立場が強くあるでしょう。
運営しているのは公務員である場合も多く、結婚に対しての価値観に違いが現れる場合もあります。
男女が交わるイベントなども、形としてのイベントで終わる場合もあり、イベントに対する発想力も弱くある場合もあります。
自治体の主催は、その地域に住んで欲しい目的があるため、結婚に対して疎かにし、結婚相談に違和感を感じる場合もあるかもしれません。
自然が大好きであり、田舎の不便さは妥協できる気持ちがあるのであれば、田舎の自治体が主催する相談は、魅力的な内容の一つです。

Page Top