前へ
次へ

そもそも結婚相談所とは

結婚相談所は、結婚相手を探す所です。
システムはさまざまですが、会員になると結婚を前提とした交際から結婚までの活動をサポートする各種サービスが提供されます。
特定商取引法では、結婚や交際を希望する人へ異性を紹介する業態と定義していますので、結婚相談所は紹介サービス業にあたります。
現在その数は約4000社にのぼり、全国で50〜60万人ほどが利用していますので、すでに社会に浸透した事業と言えるでしょう。
相談所には現在3種類のタイプがあり、それぞれ提供するサービスの内容が異なります。
仲人・結婚相談室型サービスは昔ながらの方法で、仲人や担当者が一人ひとりの会員に相手を紹介してお見合いや交際をサポートするスタイルです。
データマッチング型サービスでは、会員情報がデータベース化され、プロフィールや希望条件などから相手探しを行うスタイルです。
気になる相手にメッセージを送り、相手から返事が来れば会う流れになるのが一般的で、担当の有無やどこまでサポートするかは相談所によって異なります。
そしてインターネット型サービスは近年登場したスタイルで、基本的にはすべて自分で活動を行います。
会員登録してプロフィールを掲載し、希望条件でマッチングした人にメッセージを送り、返事が来た後に会う流れになります。

決済代行
ヤフーウォレットや銀行振り込み決済などにも対応

居酒屋 のロケーション一覧 | ロケ地検索 ハーミットクラブ

給与計算なら東京新宿区NMPS【BPO】

健診票データ 入力

相談所の利用を考えた場合、特定商取引法や消費者保護法、個人情報保護法などを遵守する会社かどうか、消費者にとって安心安全な相談所であるかを確認することも重要です。
出会いは縁なので成功するしないは一概に言えないのが難しいところですが、期待するサポートが受けられるかどうかは別問題です。
サービス業である以上、費用に応じたサービスの提供を受ける権利がありますので、納得できる相談所を選びましょう。
そのためにはサービス提供会社の信頼性確認は重要です。
契約前には運営内容や実績など、確認すべきポイントはしっかり調べておきましょう。
信頼できる会社であることがわかれば、あとは自身の性格や使い勝手などから都合のよい相談所を利用するのが一番です。

Page Top